[HOME] [LINK]
アルセーヌ・ルパン


「モーリス・ルブラン」が描く怪盗紳士


アルセーヌ・ルパンの事件簿
No.事件名(原題名)初出誌名(出版年)日本での主な収録本
1ルパン逮捕される
(L'ARRESTATION D'ARSENE LUPIN)
JE SAIS TOUT誌 6号 (1905/07/15) アルセーヌ・ルパン全集1
『怪盗紳士ルパン』 偕成社
2獄中のアルセーヌ=ルパン
(ARSENE LUPIN EN PRISON)
JE SAIS TOUT誌 11号 (1905/12/15) アルセーヌ・ルパン全集1
『怪盗紳士ルパン』 偕成社
3ルパンの脱獄
(L'EVASION D'ARSENE LUPIN)
JE SAIS TOUT誌 12号 (1906/01/15) アルセーヌ・ルパン全集1
『怪盗紳士ルパン』 偕成社
4ふしぎな旅行者
(LE MYSTERIEUX VOYAGEUR)
JE SAIS TOUT誌 13号 (1906/02/15) アルセーヌ・ルパン全集1
『怪盗紳士ルパン』 偕成社
5女王の首飾り
(LE COLLIER DE LA REINE)
JE SAIS TOUT誌 15号 (1906/04/15) アルセーヌ・ルパン全集1
『怪盗紳士ルパン』 偕成社
6アンベール夫人の金庫
(LE COFFREFORT DE MADAM IMBERT)
JE SAIS TOUT誌 16号 (1906/05/15) アルセーヌ・ルパン全集1
『怪盗紳士ルパン』 偕成社
7おそかりしシャーロック=ホームズ
(SHERLOCK HOLMES ARRIVE TROP TARD)
JE SAIS TOUT誌 17号 (1906/06/15) アルセーヌ・ルパン全集1
『怪盗紳士ルパン』 偕成社
8黒真珠
(LA PERLE NOIRE)
JE SAIS TOUT誌 17号 (1906/07/15) アルセーヌ・ルパン全集1
『怪盗紳士ルパン』 偕成社
9金髪の美女
(LA DAME BLONDE)
JE SAIS TOUT誌 22〜27号 (1906/11/15〜1907/04/15) アルセーヌ・ルパン全集2
『ルパン対ホームズ』 偕成社
10ハートの7
(COMMENT J'AI CONNU ARESENE LUPIN:LE SEPT DE COEUR)
JE SAIS TOUT誌 28号 (1907/05/15) アルセーヌ・ルパン全集1
『怪盗紳士ルパン』 偕成社
11ユダヤのランプ
(LA LAMPE JUIVE)
JE SAIS TOUT誌 32〜33号 (1907/07/15〜1907/08/15) アルセーヌ・ルパン全集2
『ルパン対ホームズ』 偕成社
12ルパン対ホームズ
(Arsene Lupin contre Herlock Sholmes)
1908 アルセーヌ・ルパン全集2
『ルパン対ホームズ』 偕成社
13ルパンの冒険(ARSEN LUPIN)
フランシス・ド・クロアセと共著で書いた四幕劇
L'ILLUSTRATION THEATRALE 115(1909.03.27)
アテネ座にて1908.10.28初演
アルセーヌ・ルパン全集3
『ルパンの冒険』 偕成社
「戯曲アルセーヌ・ルパン」論創社('06.11)
14奇岩城
(L'AIGUILLE CREUSE)
JE SAIS TOUT誌 44〜52号 (1908/11/15〜1909/05/15) アルセーヌ・ルパン全集4
『奇岩城』 偕成社
15813
(813/LES TROIS CRIMES D'ARESENE LUPIN)
書き下ろし Lafitte刊 (1910/06) アルセーヌ・ルパン全集5『813』全集6『続813』
偕成社
16太陽のたわむれ
(LES JEUX DU SOLEIL)
JE SAIS TOUT誌 75号 (1911/04/15) アルセーヌ・ルパン全集8
『ルパンの告白』 偕成社
17結婚指輪
(L'ANNEAU NUPTIAL)
JE SAIS TOUT誌 76号 (1911/05/15) アルセーヌ・ルパン全集8
『ルパンの告白』 偕成社
18影の合図
(LE SIGNE DE L'OMBRE)
JE SAIS TOUT誌 77号 (1911/06/15) アルセーヌ・ルパン全集8
『ルパンの告白』 偕成社
19地獄の罠
(LE PIEGE INFERNAL)
JE SAIS TOUT誌 78号 (1911/07/15) アルセーヌ・ルパン全集8
『ルパンの告白』 偕成社
20赤い絹のスカーフ
(L'ECHARPE DE SOIE ROUGE)
JE SAIS TOUT誌 79号 (1911/08/15) アルセーヌ・ルパン全集8
『ルパンの告白』 偕成社
21うろつく死神
(LA MORT QUI RODE)
JE SAIS TOUT誌 80号 (1911/09/15) アルセーヌ・ルパン全集8
『ルパンの告白』 偕成社
22アルセーヌ・ルパンの帰還(LE RETOUR D'ARSENE LUPIN)
フランシス・ド・クロアセと共著で書いた戯曲一幕八場
JE SAIS TOUT誌 (1920年9〜10月号)
(パリのアテネ座にて1910.05初演?)
EQ'89年9月号 no.71 光文社
「戯曲アルセーヌ・ルパン」論創社('06.11)
23ルパンの結婚
(LE MARIAGE D'ARSENE LUPIN)
JE SAIS TOUT誌 94号 (1912/11/15) アルセーヌ・ルパン全集8
『ルパンの告白』 偕成社
24水晶の栓
(LE BOUCHON DE CRISTAL)
書き下ろし Lafitte刊 (1912/12) アルセーヌ・ルパン全集7
『水晶の栓』 偕成社
25麦わらのストロー
(LE FETU DE PAILLE)
JE SAIS TOUT誌 96号 (1913/01/15) アルセーヌ・ルパン全集8
『ルパンの告白』 偕成社
26白鳥の首のエディス
(EDITH AU COU DE CYGNE)
JE SAIS TOUT誌 97号 (1913/02/15) アルセーヌ・ルパン全集8
『ルパンの告白』 偕成社
27オルヌカン城の謎
(L'ECLAT D'OBUS)
LE JOURNALE (1915/09/07〜1915/11/07) アルセーヌ・ルパン全集9
『オルヌカン城の謎』 偕成社
28金三角
(LE TRIANGLE D'OR)
LE JOURNAL (1917/05/21〜1917/07/26) アルセーヌ・ルパン全集10
『金三角』 偕成社
29三十棺桶島
(L'ILE AUX TRENTE CERCUEILS)
LE JOURNAL (1919/06/06〜1919/08/03) アルセーヌ・ルパン全集11
『三十棺桶島』 偕成社
30虎の牙
(LES DENTS DU TIGRE)
LE JOURNAL (1920/08/31〜1920/10/31) アルセーヌ・ルパン全集12『虎の牙(上)』全集13『虎の牙(下)』
偕成社
31八点鐘:塔のてっぺんで
(LES HUIT COUPS DE L'HORLOGE:AU SOMMET DE LA TOUR)
書き下ろし Lafitte刊 (1923/08) アルセーヌ・ルパン全集14
『八点鐘』 偕成社
32水びん 書き下ろし Lafitte刊 (1923/08) アルセーヌ・ルパン全集14
『八点鐘』 偕成社
33テレーズとジェルメーヌ 書き下ろし Lafitte刊 (1923/08) アルセーヌ・ルパン全集14
『八点鐘』 偕成社
34秘密をあばく映画 書き下ろし Lafitte刊 (1923/08) アルセーヌ・ルパン全集14
『八点鐘』 偕成社
35ジャン=ルイ事件 書き下ろし Lafitte刊 (1923/08) アルセーヌ・ルパン全集14
『八点鐘』 偕成社
36斧をもつ奥方 書き下ろし Lafitte刊 (1923/08) アルセーヌ・ルパン全集14
『八点鐘』 偕成社
37雪の上の足あと 書き下ろし Lafitte刊 (1923/08) アルセーヌ・ルパン全集14
『八点鐘』 偕成社
38メルキュール骨董店 書き下ろし Lafitte刊 (1923/08) アルセーヌ・ルパン全集14
『八点鐘』 偕成社
39カリオストロ伯爵夫人
(LA COMTESSE DE CAGLIOSTRO)
LE JOURNAL (1923/12/10〜1924/01/30) アルセーヌ・ルパン全集15
『カリオストロ伯爵夫人』 偕成社
40緑の目の令嬢
(LA DEMOISELLE AUX YEUX VERTS)
LE JOURNAL (1926/12/08〜1927/01/18) アルセーヌ・ルパン全集16
『緑の目の令嬢』 偕成社
41山羊皮服を着た男
(L'HOMME A LA PEAU DE BIQUE)
L'AMOUR SUR EN LES ROMANCIERS FRANCAIS (1927) アルセーヌ・ルパン全集25
『ルパン最後の事件』 偕成社
42水は流れる
(LES GOUTTES QUI TOMBENT)
LECTURE POUR TOUS誌 (1927/10) アルセーヌ・ルパン全集17
『バーネット探偵社』 偕成社
43十二枚の株券
(LES DOUZE AFRICAINES DE BECHOUX)
LECTURE POUR TOUS誌 (1927/11) アルセーヌ・ルパン全集17
『バーネット探偵社』 偕成社
44偶然が奇跡をもたらす
(LE HASARD FAIT DES MIRACLES)
LECTURE POUR TOUS誌 (1928/01) アルセーヌ・ルパン全集17
『バーネット探偵社』 偕成社
45ジョージ王のラブレター
(LA LETTRE D'AMOUR DU ROI GEORGE)
書き下ろし Lafitte刊 (1928/02) アルセーヌ・ルパン全集17
『バーネット探偵社』 偕成社
46バカラの勝負
(LA PARTIE DE BACCARA)
書き下ろし Lafitte刊 (1928/02) アルセーヌ・ルパン全集17
『バーネット探偵社』 偕成社
47金歯の男
(L'HOMME AUX DENTS D'OR)
書き下ろし Lafitte刊 (1928/02) アルセーヌ・ルパン全集17
『バーネット探偵社』 偕成社
48白い手袋・・・白いゲートル
(GANTS BLANCS...GUETRES BLANCHES)
書き下ろし Lafitte刊 (1928/02) アルセーヌ・ルパン全集17
『バーネット探偵社』 偕成社
49ベシュ、ジム=バーネットを逮捕
(BECHOUX ARRETE JIM BARNETT)
書き下ろし Lafitte刊 (1928/02) アルセーヌ・ルパン全集17
『バーネット探偵社』 偕成社
50壊れた橋
(The Bridge That Broke)
  HMM2005年11月号
「ルパン、最後の恋」ハヤカワ・ミステリ文庫('13.05)
51謎の家
(LA DEMEURE MYSTERIEUSE)
LE JOURNAL (1928/06/25〜1928/07/03) アルセーヌ・ルパン全集18
『謎の家』 偕成社
52バール・イ・ヴァ荘
(LA BARRE-Y-VA)
LE JOURNAL (1930/08/08〜1930/09/15) アルセーヌ・ルパン全集20
『バール・イ・ヴァ荘』 偕成社
53エメラルドの指輪
(LE CABOCHON D'EMERAUDE)
LES ANNALES POLITIQUE ET LITTERAIRE (1930/11/15) アルセーヌ・ルパン全集25
『ルパン最後の事件』 偕成社
54二つの微笑をもつ女
(LA FEMME AUX DEUX SOURIRES)
LE JOURNAL (1933/06/06〜1933/08/20) アルセーヌ・ルパン全集21
『二つの微笑をもつ女』 偕成社
55特捜班ビクトール
(VICTOR DE LA BRIGADE MONDAINE)
Lafitte刊 (1934/01) アルセーヌ・ルパン全集22
『特捜班ビクトール』 偕成社
56カリオストロの復讐
(LA CAGLIOSTRO SE VENGE)
Lafitte刊 (1935/07) アルセーヌ・ルパン全集24
『カリオストロの復讐』 偕成社
57(未訳)ラジオドラマ
(NELLY RENCONTRE DE NOUVEAU ARESENE LUPIN)
         
58ルパン最後の事件
(LES MILLIARDS D'ARESENE LUPIN)
L'Auto (1939/01/10〜1939/02/11) アルセーヌ・ルパン全集25
『ルパン最後の事件』 偕成社
59アルセーヌ・ルパンの冒険(Une Aventure d'Arsene Lupin)
戯曲
パリのシガル座にて1911年9月15日〜10月15日上演 「戯曲アルセーヌ・ルパン」論創社('06.11)
60ルパン、最後の恋(Le Dernier Amour d'Arsene Lupin) 遺作 「ルパン、最後の恋」ハヤカワポケットミステリ1863('12.09)
「ルパン、最後の恋」ハヤカワ・ミステリ文庫('13.05)
「ルパン最後の恋」ポプラ社('12.12)※1
「リュパン、最後の恋」創元推理文庫('13.07)
「ルパン最後の恋」ポプラ文庫クラシック('16.03)※1
アルセーヌ=ルパン シリーズの訳本は、偕成社のほかに数社(新潮文庫と創元推理文庫のルパンシリーズが有名)ありますが
偕成社のシリーズがより多くの作品を邦訳している為、「作品邦題」及び「日本での主な収録本」は、
「アルセーヌ=ルパン 全集全25巻」(偕成社)を使用しています。
事件簿の順番は作品発表順になっています。
なおこの事件簿は、「名探偵読本7 怪盗ルパン」(パシフィカ)のデータを元に製作しました。
(「名探偵読本7 怪盗ルパン」掲載のデータを作成した松村喜雄氏には深く感謝します。)

このほかにモーリス・ルブラン著となっていてルパンが出てくる作品もありますが
それは、日本で翻訳するときに訳者がルパンシリーズ以外の作品にルパンを
登場させたり短編を長編にリライトした作品のため、この事件簿からははずしています。

またモーリス・ルブランが書いたものでもルパンの名前が出てこないが
ルパンと思われる人物が出てくる作品もあります。
(ちょうどホームズの経外典にあたるような作品です。)

「壊れた橋」は、バーネットが登場する作品。また他のバーネットシリーズの事件についても言及しているシーンがある。
この作品の詳細についてはHMM2005年11月号に詳しく書かれている。

※1・・・ポプラ社の怪盗ルパンシリーズは児童書です。



参考文献およびパロディ,パスティッシュ
No.書名、特集名 等著者、編者収録誌内容
1 ウネルヴィル城館の秘密
(LE SECRET D'EUNERVILLE)#1
アルセーヌ・ルパン
(ボワロー=ナルスジャック)著
「ウネルヴィル城館の秘密」新潮文庫('74.10)
「悪魔のダイヤ」ポプラ社('74.02)※1
パスティッシュ
2 バルカンの火薬庫
(LA POUDRIERE)#2
アルセーヌ・ルパン
(ボワロー=ナルスジャック)著
「バルカンの火薬庫」新潮文庫('75.07)
「ルパンと時限爆弾」ポプラ社('74.12)※1
パスティッシュ
3 アルセーヌ・ルパンの第二の顔
(LE SECOND VISAGE D'ARSENE LUPIN)#3
アルセーヌ・ルパン
(ボワロー=ナルスジャック)著
「アルセーヌ・ルパンの第二の顔」新潮文庫('76.10)
「ルパン二つの顔」ポプラ社('76.04)※1
パスティッシュ
4 ルパン、100億フランの炎
(LA JUSTICE D'ARSENE LUPIN)#4
ボワロー=ナルスジャック著 「ルパン、100億フランの炎」サンリオ('79.04)
「ルパンと殺人魔」ポプラ社('79.07)※1
パスティッシュ
5 ルパン危機一髪
(LE SERMENT D'ARSENE LUPIN)#5
ボワロー=ナルスジャック著 「ルパン危機一髪」ポプラ社('80.03)※1 パスティッシュ
6 罠にかかったアルセーヌ・ルパン
(Arsene Lupin dans la gueule du loup)
ボアロー=ナルスジャック著 HMM2005年11月号 パスティッシュ
7 ピラミッドの秘密 南 洋一郎・著(?) 「ピラミッドの秘密」※1※2
ポプラ社('61.10)
ポプラ社文庫('76.11)
パスティッシュ
8 女賊とルパン 南 洋一郎・著(?) 「ルパンと殺人魔」ポプラ社('79.07)※1※3 パスティッシュ
9 ルパンもどき 都筑道夫・著 「名探偵もどき」文藝春秋社('80.08)
「名探偵もどき」文春文庫('83.10)
パロディ
10 ルパンの時代 第1〜4回 和田英次郎・著 HMM89年1〜4月号 研究
11 名探偵読本7 怪盗ルパン 榊原晃三・編 「名探偵読本7 怪盗ルパン」
パシフィカ
研究、その他
12 ルパンの慈善 二階堂黎人・著 小説現代 '99年05月増刊号メフィスト
「名探偵の肖像」講談社ノベルス('99.06)
「贋作館事件」原書房('99.08)
「名探偵の肖像」講談社文庫('02.06)
パスティッシュ
13 ホームズ対ルパン ある比較論 新保博久・著 HMM'00年5月号 研究
14 真説ルパン対ホームズ 芦辺拓・著 「真説 ルパン対ホームズ」原書房('00.04)
「真説 ルパン対ホームズ」創元推理文庫('05.08)
パスティッシュ
15 活劇小説論 第21回
「ルパンの冒険」
北上次郎・著 HMM'87年11月号 研究
16 透明な空き箱 第16回
ジェシー・コリア編
「名探偵の骨と肉」
大坪千秋・著 HMM'00年7月号 パスティッシュの紹介(?)
17 ルパンの発狂 トーマ・ナルスジャック 著 EQMM'61年11月号
「贋作展覧会」
ハヤカワポケットミステリ1069
('69.03)
パスティッシュ
18 アルセーヌ・リュパン
怪盗紳士の肖像
ジャン=クロード・ミラ 著 「アルセーヌ・リュパン
怪盗紳士の肖像」
東京創元社('86.02)
研究
19 ファントマスとルパン 
反人間主義的英雄の登場
伊東守男・著 HMM'68年12月号 研究
20 怪盗ルパンとソーンダイク博士 伊藤秀雄・著 「明治の探偵小説」双葉文庫('02.02) 研究
21 「813号車室にて」
(In Compartment 813)
アーサー・ポージス 著 HMM'80年3月号
「八一三号車室にて」論創社('08.09)
パスティッシュ
22 決戦対談 逢坂剛×大沢在昌
"怪盗ルパン vs. 名探偵ホームズ"
  IN POCKET'04年08月号 対談
23 「壊れた橋」(と英訳版ルパンシリーズ)について 住田忠久・著 HMM2005年11月号 研究
24 第一人者の編纂したルパン全集 平岡敦・著 HMM2005年11月号 研究
25 「赤い絹の肩掛け」「バカラの勝負」
「テレーズとジェルメーヌ」
森元さとる・画 「mystery classics アルセーヌ・ルパン編 I」
講談社('05.04)
コミック
26 カーの復讐 二階堂黎人・著 「カーの復讐」講談社('05.11)
「カーの復讐」講談社文庫('10.11)
パスティッシュ
(ジュブナイル)
27 ルパン ジャン=ポール・サロメ
& ローラン・ヴァショー 著
「ルパン」
メディアファクトリー('05.08)
パスティッシュ※4
28 アルセーヌ・ルパン・シリーズ出版目録 住田忠久 著 「戯曲アルセーヌ・ルパン」
論創社('06.11)※5
研究
29 犯罪者捕獲法奇譚 キャロリン・ウェルズ 著 「シャーロック・ホームズの栄冠」
論創社('07.01)
パロディ※6
30 「太陽の戯れ」「十二枚の株券」 森元さとる・画 「mystery classics アルセーヌ・ルパン編 II」
講談社('08.03)
コミック
31 「洗濯ひもの冒険」
(The Adventure of the Clothes-Line)
キャロリン・ウェルズ 著 「シャーロック・ホームズの災難(上)」
ハヤカワ・ミステリ文庫('84.12)
パロディ※7
32 「白鳥の首のエディス」「雪の上の足あと」 森元さとる・画 「mystery classics アルセーヌ・ルパン編 III」
講談社('09.01)
コミック
33 「アバンチュリエ」 森田崇・画 「アバンチュリエ(1)」イブニングKC('11.06)
「アバンチュリエ(2)」イブニングKC('11.11)
「アバンチュリエ(3)」イブニングKC('12.04)
「アバンチュリエ(4)」イブニングKC('12.08)
「アバンチュリエ(5)」イブニングKC('13.02)
「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(1)」小学館クリエイティブ('13.08)
「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(2)」小学館クリエイティブ('13.12)
「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(3)」小学館クリエイティブ('14.08)
「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ 登場編 (上) 怪盗紳士」小学館クリエイティブ('14.08)※13
「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ 登場編 (下) 金髪婦人」小学館クリエイティブ('14.08)※13
「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(4)」小学館クリエイティブ('15.05)
「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(5)」小学館クリエイティブ('16.05)
コミック
34 「怪盗対名探偵初期翻案集」 北原 尚彦・編集 「怪盗対名探偵初期翻案集」論創社('12.04) 初期翻案集※8
35 「アリス・イン・ゴシックランドII」
「アリス・イン・ゴシックランドIII」
南房 秀久・著 「アリス・イン・ゴシックランドII」角川スニーカー文庫('11.09)
「アリス・イン・ゴシックランドIII」角川スニーカー文庫('12.01)
ライトノベル※9
36 特集 アルセーヌ・ルパン&ルパン三世   HMM2012年7月号 研究など※10
37 「初出版 アルセーヌ・ルパンの逮捕」 モーリス・ルブラン 著 HMM2012年7月号
「ルパン、最後の恋」ハヤカワポケットミステリ1863('12.09)
「ルパン、最後の恋」ハヤカワ・ミステリ文庫('13.05)
※11
38 「アルセーヌ・リュパンとは何者か?」 モーリス・ルブラン 著 「リュパン、最後の恋」創元推理文庫('13.07) エッセイ
39 「mとd」 田中啓文 著 ミステリーズ!vol.53
「シャーロック・ホームズたちの冒険」東京創元社('13.05)
パスティッシュ
40 特集 魅惑のタカラヅカ   HMM2013年9月号 インタヴューなど※12
41 「最初の角逐」 小林泰三 著 「みんなの怪盗ルパン」ポプラ社('2016.03)※14 パスティッシュ※15
42 「青い猫目石」 近藤史恵 著 「みんなの怪盗ルパン」ポプラ社('2016.03)※14 パスティッシュ
43 「ありし日の少年ルパン」 藤野恵美 著 「みんなの怪盗ルパン」ポプラ社('2016.03)※14 パスティッシュ
44 「ルパンの正義」 真山仁 著 「みんなの怪盗ルパン」ポプラ社('2016.03)※14 パスティッシュ
45 「仏蘭西紳士」 湊かなえ 著 「みんなの怪盗ルパン」ポプラ社('2016.03)※14 パスティッシュ
※1・・・ポプラ社の怪盗ルパンシリーズは児童書です。
※2・・・原作は、ルブランとなっていますが、実際には南洋一郎の贋作だと思われます。
また、この作品は、一度改訂されています。
※3・・・原作は、ルブランとなっていますが、実際には南洋一郎の贋作だと思われます。
※4・・・'05年に公開された映画のノベライズ
※5・・・戯曲3本が掲載された本だが、「解説」及び「アルセーヌ・ルパン・シリーズ出版目録」は秀逸。
※6・・・名探偵が多数登場するパロディ。
※7・・・名探偵が多数登場するパロディ。
※8・・・三津木春影らによって翻案されたルブラン原作「遅かったシャーロック・ホームズ」「ルパン対ホームズ」「奇巌城」の3編。
※9・・・シャーロツク・ホームズの妹と若い貴族刑事が主人公のファンタジー。三部作。2作目と3作目に若きアルセーヌ・ルパンが登場する。
※10・・・「初出版 アルセーヌ・ルパンの逮捕」の訳載やエッセイ、文献一覧などが掲載されている。
※11・・・「アルセーヌ・ルパンの逮捕」は、短編集収録時に大幅な改定が行われており、今まで訳された「アルセーヌ・ルパンの逮捕」は全てこちら。
本作は改定前の作品。
※12・・・タカラヅカ公演「ルパン、最後の恋」に関するインタヴューやエッセイなど。
※13・・・出版社が変わったためイブニングKCで出版された作品がまとめられた作品集。
「登場編 (下) 金髪婦人」には描き下ろし「黒真珠」も収録。
※14・・・5人の人気作家による“怪盗ルパン”オマージュ・アンソロジー。ポプラ社の他のルパンシリーズと同様の児童向け装丁です。
※15・・・シャーロック・ホームズも登場。


パスティッシュ、パロディの関係で、このほかにルパンが登場する作品は、
江戸川乱歩氏の明智小五郎シリーズ、西村京太郎氏の名探偵シリーズなどがあります。
No.18「アルセーヌ・リュパン 怪盗紳士の肖像」は、ルパンの視点で書かれている為
研究書でありながら小説となっています。


【追記】
パスティッシュ、パロディの項目で
ボワロー=ナルスジャック著ルパン・シリーズ第5作目「ルパンの誓い」
(Le Serment d'Arsene Lupin)があることが判明した。
未訳かどうかは不明。(「ルパン、100億フランの炎」あとがきより)
【追記2】
「ルパンの誓い」(Le Serment d'Arsene Lupin)は、ポプラ社より児童書として邦訳が出版されていました。
(「ルパン危機一髪」ポプラ社)





●ルパン・シリーズを文庫で読みたい方のために
現在、ルパンシリーズを文庫で読むには、新潮文庫版と創元推理文庫版があります。
(ある程度まとまった量の手に入りやすい文庫があるのは、この二社です。その他、ハヤカワ・ミステリ文庫からも文庫が出ています。)
以下にそれぞれの出版社のルパンシリーズを明記します。
(Amazonにリンクを張ってありますのでそのまま書籍を購入できます。)

新潮文庫
「八点鐘」「棺桶島」「ルパンの告白」「バーネット探偵社」「ルパン対ホームズ」「強盗紳士」「水晶栓」「奇岩城」「813」「続 813」
cover
「八点鐘」
cover
「棺桶島」
cover
「ルパンの告白」
cover
「バーネット探偵社」
cover
「ルパン対ホームズ」
cover
「強盗紳士」
cover
「水晶栓」
cover
「奇岩城」
cover
「813」
cover
「続 813」

創元推理文庫
「ジェリコ公爵」「赤い数珠」「オルヌカン城の謎」「カリオストロの復讐」「カリオストロ伯爵夫人」「バール・イ・ヴァ荘」「虎の牙」「特捜班ヴィクトール」「謎の家」「緑の目の令嬢」「金三角」「二つの微笑を持つ女」「リュパンの告白」「リュパンの冒険」「リュパン対ホームズ」「怪盗紳士リュパン」「奇巌城」「水晶の栓」
(当HPの事件簿はルパンシリーズから「ジェリコ公爵」「赤い数珠」を削除しています。)
cover
「ジェリコ公爵」
cover
「赤い数珠」
cover
「オルヌカン城の謎」
cover
「カリオストロの復讐」
cover
「カリオストロ伯爵夫人」
cover
「バール・イ・ヴァ荘」
cover
「虎の牙」
cover
「特捜班ヴィクトール」
cover
「謎の家」
cover
「緑の目の令嬢」
cover
「金三角」
cover
「二つの微笑を持つ女」
cover
「リュパンの告白」
cover
「リュパンの冒険」
cover
「リュパン対ホームズ」
cover
「怪盗紳士リュパン」
cover
「奇巌城」
cover
「水晶の栓」

ハヤカワ・ミステリ文庫
「怪盗紳士ルパン」「カリオストロ伯爵夫人」「奇岩城」「水晶の栓」
cover
「怪盗紳士ルパン」
cover
「カリオストロ伯爵夫人」
cover
「奇岩城」
cover
「水晶の栓」



更新履歴
1999.06.30参考文献に「ルパンの慈善」を追加
1999.07.04「ルパン・シリーズを文庫で読みたい方のために」を追加
偕成社全集No.ミスを修正
No.13「奇岩城」偕成社 アルセーヌ・ルパン全集14 −> アルセーヌ・ルパン全集4
No.50「バール・イ・ヴァ荘」偕成社 アルセーヌ・ルパン全集19 −> アルセーヌ・ルパン全集20
1999.10.12参考文献の「ルパンの慈善」に原書房「贋作館事件」を追加
2000.04.02参考文献に「ホームズ対ルパン ある比較論」を追加
2000.05.10参考文献に「真説ルパン対ホームズ」を追加
2000.09.13参考文献に「ルパンの冒険」「名探偵の骨と肉」を追加
2000.09.18参考文献に「ルパンの発狂」を追加
2001.01.20参考文献に「アルセーヌ・リュパン 怪盗紳士の肖像」を追加
2001.02.20参考文献にポプラ社の作品を追加
2001.08.04参考文献に「ファントマスとルパン 反人間主義的英雄の登場」を追加
2002.02.20参考文献に「怪盗ルパンとソーンダイク博士」を追加
2002.03.28参考文献 No.16「ルパンの発狂」の収録本情報にEQMM'61年11月号を追加
2002.06.18参考文献 No.11「ルパンの慈善」の収録本情報にメフィストと「名探偵の肖像」講談社文庫を追加
2003.03.08参考文献に「813号車室にて」を追加
2004.03.20「ルパン・シリーズを文庫で読みたい方のために」にカバー画像及びAmazonへのリンクを追加
2004.08.13参考文献に「決戦対談 逢坂剛×大沢在昌 "怪盗ルパン vs. 名探偵ホームズ"」を追加
2005.10.09参考文献に「真説ルパン対ホームズ」(創元推理文庫)を追加
Amazonへのリンクを追加
「ルパン・シリーズを文庫で読みたい方のために」に
ハヤカワ・ミステリ文庫「怪盗紳士ルパン」「カリオストロ伯爵夫人」を追加
2005.10.16事件簿に「壊れた橋」を追加
参考文献に「罠にかかったアルセーヌ・ルパン」を追加
参考文献に「「壊れた橋」(と英訳版ルパンシリーズ)について」を追加
参考文献に「第一人者の編纂したルパン全集」を追加
2005.11.13参考文献に「mystery classics アルセーヌ・ルパン編 I」(講談社)を追加
2006.01.20参考文献に「カーの復讐」(講談社)を追加
2006.09.16「ルパン・シリーズを文庫で読みたい方のために」に
ハヤカワ・ミステリ文庫「奇岩城」を追加
2006.11.03参考文献に「ルパン」(メディアファクトリー)を追加
2007.01.30No.13、No.22、No.57を一部修正。No.59を追加。
参考文献に「戯曲アルセーヌ・ルパン」(論創社)を追加
2007.03.03「ルパン・シリーズを文庫で読みたい方のために」に
ハヤカワ・ミステリ文庫「水晶の栓」を追加
2007.03.04参考文献に「犯罪者捕獲法奇譚」を追加
2008.07.26参考文献に「mystery classics アルセーヌ・ルパン編 II」(講談社)を追加
2009.04.05参考文献に「洗濯ひもの冒険」を追加
参考文献の「813号車室にて」の収録誌に「八一三号車室にて」(論創社)を追加
2009.06.07参考文献に「mystery classics アルセーヌ・ルパン編 III」(講談社)を追加
2010.11.20参考文献の「カーの復讐」に講談社文庫を追加
2011.10.16参考文献に「アバンチュリエ 1」を追加
2012.01.16参考文献に「アバンチュリエ 2」を追加
2012.05.20参考文献に「怪盗対名探偵初期翻案集」を追加
2012.05.27参考文献に「アリス・イン・ゴシックランドII III」を追加
2012.06.24参考文献に「HMM2012年7月号」を追加
2012.08.27参考文献に「アバンチュリエ 3」を追加
2012.10.04事件簿に「ルパン、最後の恋」を追加
参考文献に「初出版 アルセーヌ・ルパンの逮捕」を追加
2013.01.13参考文献に「アバンチュリエ 4」を追加
2013.02.25参考文献に「アバンチュリエ 5」を追加
2013.05.27事件簿「壊れた橋」「ルパン、最後の恋」と参考文献「初出版 アルセーヌ・ルパンの逮捕」の収録本に
「ルパン、最後の恋」ハヤカワ・ミステリ文庫を追加
2013.07.30事件簿「ルパン、最後の恋」の収録本に「リュパン、最後の恋」創元推理文庫を追加
参考文献に「アルセーヌ・リュパンとは何者か?」「mとd」を追加
2013.08.05参考文献に「特集 魅惑のタカラヅカ」HMM2013年9月号を追加
2013.11.17参考文献に「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(1)」を追加
2014.05.25参考文献に「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(2)」を追加
2015.01.18参考文献に「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(3)」「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ 登場編 (上)(下)」を追加
2015.08.29参考文献に「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(4)」を追加
2016.04.24参考文献に「最初の角逐」「青い猫目石」「ありし日の少年ルパン」「ルパンの正義」「仏蘭西紳士」を追加
事件簿「ルパン、最後の恋」の収録本に「ルパン最後の恋」ポプラ社とポプラ文庫クラシックを追加
2016.05.29参考文献に「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(5)」を追加



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

[HOME] [LINK]