[HOME] [LINK]
メルカトル鮎


「麻耶 雄嵩」が描く銘探偵。自称・漂泊の天才名探偵。
メルカトル鮎
本名 龍樹頼家(たつき よりいえ)
性格非常に悪し。
「黒のタキシード。手には、スティールのステッキ。
頭にはシルクハット。」というユニフォームを常に身につけている。
色白で彫りの深い顔立ち。
メルカトル鮎・探偵事務所には、秘書の昭子嬢がいる。


メルカトル鮎の事件簿
No.事件名初出誌(出版年) 収録本
1 シベリア急行西へ 小説現代臨時増刊ミステリー&伝奇特集号
('90.10)
「メルカトルと美袋のための殺人」
講談社ノベルス('97.06)
講談社文庫('00.08)
集英社文庫('11.08)
2 翼ある闇
−メルカトル鮎最後の事件−
(長編)
「翼ある闇
−メルカトル鮎最後の事件−」
講談社('91.05)
「翼ある闇−メルカトル鮎最後の事件−」
講談社('91.05)
講談社ノベルス('93.06)
講談社文庫('96.07)
3 遠くで瑠璃鳥の啼く声が聞こえる 「奇想の復活」立風書房('92.09) 「奇想の復活」立風書房('92.09)
「メルカトルと美袋のための殺人」
講談社ノベルス('97.06)
講談社文庫('00.08)
集英社文庫('11.08)
4 夏と冬の奏鳴曲(長編) 「夏と冬の奏鳴曲」
講談社ノベルス('93.08)
「夏と冬の奏鳴曲」
講談社ノベルス('93.08)
講談社文庫('98.08)
5 小人闍処ラ不善 小説現代'94年8月増刊号メフィスト 「メルカトルと美袋のための殺人」
講談社ノベルス('97.06)
講談社文庫('00.08)
集英社文庫('11.08)
6 化粧した男の冒険 小説現代'94年11月増刊号メフィスト 「メルカトルと美袋のための殺人」
講談社ノベルス('97.06)
講談社文庫('00.08)
集英社文庫('11.08)
7 水難 小説トリッパー'95冬季号 「メルカトルと美袋のための殺人」講談社ノベルス('97.06)
「名探偵の饗宴」朝日新聞社('98.04)
「メルカトルと美袋のための殺人」講談社文庫('00.08)
集英社文庫('11.08)
8 痾(長編) 「痾」
講談社ノベルス('95.05)
「痾」講談社ノベルス('95.05)
講談社文庫('99.01)
9 ノスタルジア 小説現代'97年5月増刊号メフィスト 「メルカトルと美袋のための殺人」
講談社ノベルス('97.06)
講談社文庫('00.08)
集英社文庫('11.08)
10 彷徨える美袋 小説すばる'97年5月号 「メルカトルと美袋のための殺人」
講談社ノベルス('97.06)
講談社文庫('00.08)
集英社文庫('11.08)
11 名探偵の自筆調書 IN POCKET'97年8月号 未収録
12 愛護精神 小説現代'97年9月増刊号メフィスト 未収録
13 鴉(長編) 「鴉」
幻冬舎('97.10)
「鴉」幻冬舎('97.10)
幻冬舎ノベルス('99.04)
幻冬舎文庫('00.10)
14 氷山の一角 「血文字パズル」
角川スニーカー文庫('03.03)
書き下ろし
「血文字パズル」
角川スニーカー文庫('03.03)
15 答えのない絵本 小説現代増刊メフィスト2009年1月号
講談社('08.12)
「メルカトルかく語りき 」
講談社ノベルス('11.05)
講談社文庫('14.05)
16 メルカトルかく語りき・第一篇
死人を起こす
小説現代増刊メフィスト 2009 VOL.3
講談社('09.12)
「メルカトルかく語りき 」
講談社ノベルス('11.05)
講談社文庫('14.05)
17 メルカトルかく語りき・第二篇
九州旅行
小説現代増刊メフィスト 2010 VOL.1
講談社('10.04)
「メルカトルかく語りき 」
講談社ノベルス('11.05)
講談社文庫('14.05)
18 メルカトルかく語りき・最終篇
収束
小説現代増刊メフィスト 2010 VOL.3
講談社('10.12)
「メルカトルかく語りき 」
講談社ノベルス('11.05)
講談社文庫('14.05)
19 密室荘 「メルカトルかく語りき 」
講談社ノベルス('11.05)
書き下ろし
「メルカトルかく語りき 」
講談社ノベルス('11.05)
講談社文庫('14.05)
20 メルカトル鮎 悪人狩り
第一話 囁くもの
小説現代増刊メフィスト 2011 VOL.3
講談社('11.12)
未収録
No.8「痾」のエピローグでNo.2「翼ある闇」の事件が起こっている 時系列としては、No.8−>No.2の順番。
No.1「シベリア急行西へ」No.3「遠くで瑠璃鳥の啼く声が聞こえる」は ノベルス化に際し大幅に加筆、改稿されています。
No.2「翼ある闇」No.13「鴉」には、龍樹頼家の名前が出てくる。
No.7「水難」には、都筑道夫の「物部太郎」の名前が出てくる。
No.1「シベリア急行西へ」は、当初メルカトル鮎が殺されてしまうという最後の事件でした。(「メルカトルと美袋のための殺人」講談社文庫の解説より)
No.11「名探偵の自筆調書」は、「美袋三条」名義。
「メルカトルかく語りき 」講談社ノベルス('11.05)には、
 No.16「死人を起こす」・No.17「九州旅行」・No.18「収束」・No.15「答えのない絵本」・No.19「密室荘」の順で収録されている。





木更津 悠也


「麻耶 雄嵩」が描く探偵。
木更津 悠也
京都の名探偵


木更津 悠也の事件簿
No.事件名初出誌(出版年) 主な収録短編集
1 翼ある闇
−メルカトル鮎最後の事件−
(長編)
「翼ある闇
−メルカトル鮎最後の事件−」
講談社('91.05)
「翼ある闇−メルカトル鮎最後の事件−」
講談社('91.05)
講談社ノベルス('93.06)
講談社文庫('96.07)
2 木製の王子(長編) 「木製の王子」
講談社ノベルス('00.08)
「木製の王子」
講談社ノベルス('00.08)
講談社文庫('03.08)
3 白幽霊(短編) GIALLO
'01年夏号(No.04)
「名探偵 木更津悠也」
カッパ・ノベルス('04.05)
光文社文庫('07.05)
4 交換殺人(短編) 「21世紀本格」
カッパ・ノベルス('01.12)
書下ろし
「21世紀本格」
カッパ・ノベルス('01.12)
「名探偵 木更津悠也」
カッパ・ノベルス('04.05)
光文社文庫('07.05)
5 禁区(短編) GIALLO
'02年秋号(No.09)
「名探偵 木更津悠也」
カッパ・ノベルス('04.05)
光文社文庫('07.05)
6 時間外返却(短編) GIALLO
'04年冬号(No.14)
「名探偵 木更津悠也」
カッパ・ノベルス('04.05)
光文社文庫('07.05)
7 ヘリオスの神像(短編) 問題編:「ミステリーズ! Vol.04」東京創元社('04.03)
解答編:「ミステリーズ! Vol.05」東京創元社('04.06)
「あなたが名探偵」
東京創元社('05.08)
創元推理文庫('09.04)
8 二つの凶器 夕刊フジ
「犯人をさがせ!! ザ・懸賞ミステリー」
'05.06.07(6日発行)〜'05.07.02(1日発行)
「気分は名探偵」
徳間書店('06.05)
9 おみくじと紙切れ(短編) 「宝石 ザ ミステリー」
光文社('11.12)
「宝石 ザ ミステリー」
光文社('11.12)
「驚愕遊園地 最新ベスト・ミステリー 」
光文社('13.11)
No.2「木製の王子」には、メルカトル鮎の事件簿No.4「夏と冬の奏鳴曲」No.8「痾」の如月烏有が出てくる。
No.2「木製の王子」は、No.1「翼ある闇」の事件の前後で起こっている。
「月末に起こった今鏡家の事件」(「木製の王子」講談社ノベルスP.81)
「ただ三月ほど前に今鏡家で」(「木製の王子」講談社ノベルスP.299)
No.2「木製の王子」は、メルカトル鮎の事件簿No.4「夏と冬の奏鳴曲」の翌年に起こっている。
「昨夏和音島で遭遇した殺人事件」(「木製の王子」講談社ノベルスP.32)
No.2「木製の王子」は、メルカトル鮎の事件簿No.8「痾」の翌年に起こっている。
「去年の十月、京都の神社で」(「木製の王子」講談社ノベルスP.203)
No.3「白幽霊」は「翼ある闇」「木製の王子」の事件の後に起こっている。
No.4「交換殺人」は「白幽霊」の事件の半年後に起こっている。
No.6「時間外返却」には白い幽霊の事が出てくる。





参考文献およびパロディ,パスティッシュ
No.著者、編者など作品名及び特集名内容収録誌
1 鷹城宏 著 「作者を探す十二人の登場人物
ミステリのアンダーグラウンド3
『木製の王子』論」
研究 「ミステリ評論革命」双葉社('00.12)
「本格ミステリ01」講談社ノベルス('01.07)
2 風祭荘太 作画 「化粧した男の冒険」「彷徨える美袋」
「小人闍処ラ不善」「水難」
コミック 「サスペリア増刊『ミステリーSP』Vol.12〜16」
「メルカトル鮎の事件簿 化粧した男の冒険」秋田書店('01.09)
3 大森滋樹 著 ニアミステリな関係 第14回
『夏と冬の奏鳴曲』『ロスト・ハイウェイ』
研究 GIALLO '04年冬号(No.14)
4 宮脇孝雄 著 『名探偵 木更津悠也』麻耶雄嵩 書評 「ミステリーズ! Vol.06」東京創元社('04.08)
5 麻耶雄嵩 著 麻耶雄嵩「ヘリオスの神像」当選者発表! 講評 「ミステリーズ! Vol.06」東京創元社('04.08)
6 霧舎巧 著 夏と冬の迷走曲(どなた) パロディ GIALLO '10年夏号(No.39)
「新・新本格もどき」カッパノベルス('10.10)
7 麻耶雄嵩 著 あとがきのあとがき
「メルカトルかく語りき」
解説 「小説現代増刊メフィスト」(2011VOL.2)講談社('11.08)
「麻耶雄嵩『ヘリオスの神像』当選者発表!」は、「ヘリオスの神像(問題編)」の解説及び応募解答について麻耶雄嵩自身が書いている。





更新履歴
2000.08.13「メルカトルと美袋のための殺人」に講談社文庫版を追加
2000.08.19木更津悠也の事件簿を追加
2000.08.31「名探偵の自筆調書」「愛護精神」を追加(リストもれ)
2000.11.11「鴉」に幻冬舎文庫を追加
2000.11.29「水難」収録本に「名探偵の饗宴」朝日新聞社を追加(リストもれ)
2001.06.24「木更津悠也の事件簿」に「白幽霊」を追加
2001.07.20「参考文献」に「『木製の王子』論」を追加
2001.09.01「参考文献」に「化粧した男の冒険」秋田書店を追加
2001.12.23「木更津悠也の事件簿」に「交換殺人」を追加
2002.09.19「木更津悠也の事件簿」に「禁区」を追加
2003.08.10「木製の王子」収録本に講談社文庫を追加
2003.10.22「氷山の一角」を追加(リストもれ)
2003.12.27「木更津悠也の事件簿」に「時間外返却」を追加
「参考文献」に「ニアミステリな関係 第14回」を追加
2004.03.17「木更津悠也の事件簿」に「ヘリオスの神像(問題編)」を追加
2004.05.21「白幽霊」「交換殺人」「禁区」「時間外返却」収録本に
「名探偵 木更津悠也」カッパ・ノベルスを追加
2004.06.12「木更津悠也の事件簿」に「ヘリオスの神像(解答編)」を追加
2004.08.19「参考文献」に「『名探偵 木更津悠也』麻耶雄嵩」
「麻耶雄嵩『ヘリオスの神像』当選者発表!」を追加
2005.10.30「ヘリオスの神像」の収録本に「あなたが名探偵」東京創元社を追加
Amazonへのリンクを追加
2006.06.04「木更津悠也の事件簿」に「二つの凶器」を追加
2007.05.20「白幽霊」「交換殺人」「禁区」「時間外返却」収録本に
「名探偵 木更津悠也」光文社文庫を追加
2009.01.15「メルカトル鮎の事件簿」に「答えのない絵本」を追加
2009.04.28「ヘリオスの神像」収録本に「あなたが名探偵」創元推理文庫を追加
2010.01.10「メルカトル鮎の事件簿」に「死人を起こす」を追加
2010.05.09「メルカトル鮎の事件簿」に「九州旅行」を追加
2010.11.23「参考文献」に「夏と冬の迷走曲(どなた)」を追加
2010.12.20「メルカトル鮎の事件簿」に「収束」を追加
2011.05.23「メルカトル鮎の事件簿」に「密室荘」を追加
2011.08.21「メルカトルと美袋のための殺人」に集英社文庫版を追加
2011.09.04「参考文献」に「あとがきのあとがき『メルカトルかく語りき』」を追加
2011.12.23「メルカトル鮎の事件簿」に「囁くもの」を追加
2012.04.02「木更津悠也の事件簿」に「おみくじと紙切れ」を追加
2013.12.01「おみくじと紙切れ」収録本に「驚愕遊園地」光文社を追加
2014.07.26収録本に「メルカトルかく語りき」講談社文庫を追加



[HOME] [LINK]