[HOME]
名探偵たちの事件簿(掲示板)
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
ホームページ
好きな名探偵
タイトル  
コメント
パスワード (記事メンテ用)

[28] 山中峯太郎の名探偵ホームズ
投稿者:志らとり
投稿日:2017/04/06(Thu) 00:42  
ホームページ:http://ameblo.jp/teshiratori/entry-12251472805.html

正統派のシャーロック・ホームズのファンからは排斥されそうなのですが、シャーロキアンの北原尚彦さんもファンなので。
山中峯太郎の「名探偵ホームズ全集」(ポプラ社・全20巻)が元のポプラ社版は刊行順の乱れがひどいとして、順序を正し3巻にまとめ直して、作品社から順次刊行中です。1月に第1巻が、4月の20日予定の第2巻が3月28日に発売されました。第3巻は7月20日の予定です。各巻とも山中峯太郎とシャーロック・ホームズの研究家で歯科医師の平山雄一氏の註が付いています。第3巻には平山氏の解説も付く予定です。
この全集、出版社の都合で発刊順序は内容と無関係だし、巻によっては峯太郎の序文を峯太郎没後に勝手に弄って或る巻では事実関係がおかしくなっています。(「深夜の謎」の巻です)
作品社版の第1巻と第2巻にはポプラ社版の7冊分宛が、第3巻は残りの6巻分が収録される筈です。



[27] Re:[26] 今年はお世話になりました。
投稿者:ちゃ@管理人
投稿日:2017/03/24(Fri) 07:00  

返信おそくなってごめんなさい。
今年もよろしくお願いします。



[26] 今年はお世話になりました。
投稿者:志らとり
投稿日:2016/12/30(Fri) 22:29  

今年は色々とお世話になりました。
最近アルセーヌ・ルパンに関する新しい話題がなく、更には隅の老人も厚冊の一回限りで、当方も新ネタが殆どない状態です。

皆様佳きお年をお迎えください。



[25] Re:[24] 湘南探偵倶楽部より「オースチン・フリーマン未収録短編集」が刊行されました
投稿者:ちゃ@管理人
投稿日:2016/08/07(Sun) 05:20  

志らとりさん情報ありがとうございます。


[24] 湘南探偵倶楽部より「オースチン・フリーマン未収録短編集」が刊行されました
投稿者:志らとり
投稿日:2016/07/27(Wed) 22:29  

ま、殆ど同人誌なのですが、湘南探偵倶楽部叢書19として、「オースチン・フリーマン未収録短編集」が刊行されました。
戦後の雑誌或いは単行本に未収録の作品のうち戦前に翻訳があるものを古い雑誌や全集本から覆刻したものです。
全部で5編収録されているのですが、編集者が書誌情報を得られなかった為に戦後に訳が出ている作が入っているので実質4篇です。
「緑色の背広服」妹尾アキ夫訳「新青年」大正15年3月号
「稀代の印鑑」仝上訳「仝上」昭和9年2月号
「謎の靴跡」水野泰舜訳「世界大衆文学全集」第60巻、改造社.昭和5年
「疑問の溺死」仝上訳「仝上」
「イングルの死の疑問」妹尾アキ夫訳「博文館 探偵傑作叢書15『青色ダイヤ』」所収  ⇒ 戦後「世界推理小説全集29」東京創元社 に妹尾アキ夫訳「空騒ぎ」として収録、青空文庫に収録予定。

戦前に翻訳のある短編で該当書に未収の訳は他に以下があります。
「社会改造の敵」大島「新趣味」大正11年12月
「遺言状の行方」「新青年」大正11年10月
「盗まれた金塊」「新青年」大正11年10月 水野泰舜訳「改造社・世界大衆文学全集」にも収録。
他にもあるかも知れませんが、当方で掌握しているのはこれ丈です。



[23] Re:[22] チェスタートンの師父ブラウン譚の新訳
投稿者:ちゃ@管理人
投稿日:2016/06/12(Sun) 04:48  

志らとりさん情報ありがとうございます。



[22] チェスタートンの師父ブラウン譚の新訳
投稿者:志らとり
投稿日:2016/06/10(Fri) 00:36  

ちくま文庫より、「ブラウン神父の知恵」が刊行されました。
この調子で「懐疑(不信)」「秘密」「醜聞」と刊行して欲しいものです。

一方、早川書房でもポケット・ブックスの村崎敏郎訳「ブラウン神父の無知」が早川文庫の新訳で改題され田口俊樹訳「ブラウン神父の無垢なる事件簿」として刊行されました。
村崎訳は、ブラウン譚の最初の全訳なのですが、乱歩が「無知」という訳題に疑問を呈し「童心」を例示したため創元推理文庫がそれを踏襲しました。
村崎敏郎訳は全訳ですが、クセがありおすすめ出来る状況ではありませんでした。
村崎訳はこのあと「知慧」「懐疑」「秘密」「醜聞」と続くのですが早川の文庫で刊行するかどうかは不明です。

なお、ブラウン譚は、創元推理文庫の福田恒存・中村保男訳(のちに改訳して中村保男訳)の他に新潮文庫からも刊行されていました。
新潮文庫は、橋本福夫訳「ブラウン神父の純智」二冊目から四冊目迄は橋口 稔訳「ブラウン神父の知恵」「ブラウン神父の懐疑」「ブラウン神父の秘密」と出ています。最後の五冊目は予定されていたらしいですが未だに刊行を見ていません。
以上ご参考迄に。



[21] Re:[20] 森田崇「アバンチュリエ」第五巻刊行。
投稿者:ちゃ@管理人
投稿日:2016/05/10(Tue) 11:58  

志らとりさん情報ありがとうございます。



[20] 森田崇「アバンチュリエ」第五巻刊行。
投稿者:志らとり
投稿日:2016/05/08(Sun) 23:26  

アルセーヌ・ルパンの漫画化をされている森田崇「アバンチュリエ」の第五巻が刊行されました。
「奇巌城」篇の(下)なのですが、(上)(中)に比べ厚めになっています。
原作を丁寧に漫画化している上に、判り難い歴史的背景なども親切に説明している箇所もあるので、大人向けの翻訳で原作を読んだ人も一読の価値はあると思います。況してや南洋一郎や久米みのる等の児童書で読んだ人は驚くかも知れません。



[19] Re:[18] 良い御歳を御迎え下さい
投稿者:ちゃ@管理人
投稿日:2016/01/04(Mon) 06:54  

志らとりさんも良いお年を。



[1] [2] [3]

処理 記事No パスワード
- LightBoard -

[HOME]